3人子育てパパの”ほったらかし投資生活”

つみたてNISAの資産運用レポート&子育てのブログ

サラリーマンの2人に1人が気付いていない⁉︎確定拠出年金(DC)の使い方

つみたてNISAを開始して、「資産運用を行ってお金を増やす」ということを日々勉強しています。

僕はサラリーマンで、勤め先の会社は確定拠出年金(企業型)を導入しています。

そんな確定拠出年金(企業型)について、世の中の活用実態で気になることがあったのでレポートします。

f:id:Manpapa:20210117232433j:plain

確定拠出年金とは

そもそも確定拠出年金って?

確定拠出年金は、無理なく老後の資金準備が出来るように制定された私的年金の制度で、日本では2001年10月から開始されています。

Defined Contribution Planで、略して「DC」とも言われています。

老後への備えとして、公的年金と別枠で運用する制度ですね。

「企業型」と「個人型(iDeCo)」

大きく分けると、企業型と個人型(iDeCo)の2種類で、違いは以下の通り。

f:id:Manpapa:20210117233507j:plain

「企業型」は、確定拠出年金制度を導入している企業にお勤めの方が利用できる制度になり、それ以外の方は、iDeCoを活用することになります。

確定拠出年金(企業型)の基本的な仕組みは以下の通りです。

①会社が掛金を拠出 (なんと恵まれている話でしょう・・・)

②自分で商品を選んで運用

③60歳以降になったら年金資産として受け取り

確定拠出年金(企業型)のメリット・デメリット

上記の基本的な仕組みの①掛金、②運用、③受取において、税制メリットがあります。

①会社拠出の掛金は非課税(マッチング拠出部分は所得控除)

②運用益は非課税

③受取時は、各種控除の対象(下表)

f:id:Manpapa:20210117234601j:plain

デメリットとしては、原則として60歳まで受取りができないことと、運用商品によっては、将来元本割れするリスクがある、ということです。

元本割れリスクについては、資産運用をする上では避けては通れない道ですが、リスクのないところに大きな利益はありませんので、リスクも織り込み済みで運用する必要があると思います。

僕の確定拠出年金(企業型)の状況

現在の実績(運用期間10年7か月)

開始当初からの運用利回りは9.2%で、順調に成長してくれています。

現在は、外国株式インデックスファンドに8割、バランス型ファンドに2割の配分で投資しています(これは好みによります)。

加入当時、お金の知識は全くのゼロだった

僕が現在の会社に入社したのは2010年です。

新入社員研修中に、会社から制度の説明があったのですが、その当時は何を言っているのかさっぱりでした。

公的年金以外にも、確定拠出年金制度で自分で年金を準備するんだよ」ということくらいしか理解できていませんでしたし、第一印象は「元本割れしたくないなぁ」と思っていました。

そんな当時、横にいた同期が株式投資をかじっていて、「こういうのは、元本保証じゃなくて利益を生むやつで攻めるんだ!」と熱く語っており、彼の言うままに「アクティブ型」なるものを選択しました。

その後は、”ほったらかし”というか、制度があること自体すっかり忘れていて、10年間が経過してしまいました。

資産運用の知識を得て、改めて確定拠出年金を見直し

昨年から”つみたてNISA”を開始し、資産運用について少しばかり知識も増えてきたため、「確定拠出年金ってどうなってたっけ!?」と危機感を募らせ、運用商品の見直しを行いました。

今思えば、あの時にアクティブ型に誘導してくれた同期に深く感謝しています。

10年間という時を経て、保有資産は運用利回り9.2%という実績で増えていました。

現在は、信託報酬率の知識もついているので、改めてインデックスファンドに切り替えて運用している状態です。

60歳まであと26年。ここから複利効果でどこまで伸びてくれるのか、楽しみです。

確定拠出年金が活用されていない!?ただの貯金になっている!?

僕が加入しているのは、J-PECという確定拠出年金の運営管理機関なのですが、J-PECの加入者全体と自分の運用実績を比較することができます。

その中で、結構衝撃的な運用実績を知ることができました。

f:id:Manpapa:20210118002339j:plain

加入者約57万人のうち、およそ半分が運用利回り0%代だということが分かりました。

これは、2人に1人は、元本保証型の商品を選択しており、本制度がただの貯金になっている。ということではないでしょうか。

ちなみに、元本割れリスクもあるわけですが、元本割れは全体のたった6%。

恐らく、開始して間もない年齢層で、コロナショックを受けたことでマイナスに転じてしまっているのではないかと考えます。年齢分布のデータがあると更に興味深いのですが、残念ながら開示されていませんでした。

幸いにも、僕の利回り9.2%は、かなり上位だということが分かりました。

確定拠出年金は60歳まで引き出せないので、逆に言えば「長期投資するチャンス」ということです。

10年以上の運用期間があるなら、歴史的に見て3~5%の利回りは確保できる可能性が高いため、ただの貯金になっている人は、運用商品を見直してみてもいいと思います!

 

manpapa.hatenadiary.com

 

 

manpapa.hatenadiary.com

 

 

”投資の格言”が面白い!積立投資の格言とは?

つみたてNISAを開始し、資産運用について知識を得ようとネットや文献などを眺めているのですが、「投資の格言」というものを知りました。

株式投資の世界で古くから伝わる格言たちは、今でも心に響くものがあります。

そんな「投資の格言」をピックアップするとともに、僕の”ほったらかし投資生活”に当てはまる格言を調べてみました。

f:id:Manpapa:20210114221912j:plain

投資の格言ベスト5

僕が気に入ったものをご紹介したいと思います。あくまで個人的な感想で、聞いたことある!とか、響きがかっこいい!等のなんとも単純な選定理由です。

アタマとシッポは呉れてやれ

相場の天井(最高値)、底(最安値)を完璧に読める者などおらず、欲にかられず八分目で終わらせなさいという戒めの言葉。

これは、以前ご紹介した「もう一度見たいドラマ」の「ビッグマネー」で、伝説の相場師も言っていた言葉です。(作中では、たい焼きで例えていました)

伝説の相場師は、相場の波に乗るようにディールをしていましたが、最高値と最安値は一切狙わず、そこそこの値段で切り上げ、確実に利益を出していました。まさに、格言通りのことをやっていたわけです。

manpapa.hatenadiary.com

株を買うより時を買え

なんか、めちゃカッコいいじゃないですか!

意味は、投資において、優良企業の株を買うことが重要なのではなく、それよりも投資するタイミングのほうがはるかに重要であるというものです。

ウォール街にも「株を選ぶ前に時を選べ」とほぼ同一の言葉があるそうです。

確かに、現在の僕のつみたてNISAの運用状況は、たまたまコロナショックで暴落した直後の開始だったので、含み益が凄いことになっていますが、まさに”時”を買ったんだなと妙に納得しました。

友なき方へ行くべし

だんだん人生の教訓みたいになってきましたね。この類語で、投資の格言の中でも超有名なのが「人の行く裏に道あり花の山」という言葉。

投資家は常に孤独との闘いである。大勢が向かう先にはそれなりの利益しか待っておらず、皆と反対のことをした方が大きな利益を得ることがあるという意味。

トップアスリートや、経営者からも出てきそうな格言です。

相場は明日もある

明日があるさ株式投資~」ですね。友なき方へ行くべしとはうって変わって、楽観的に捉えられる言葉なのでホッとしました。

1日の暴落で落ち込んだり、逆に暴騰を逃して焦ったりするのではなく、じっくり相場と付き合おうという意味です。

株式投資においては、こういう大らかなメンタルがとても重要だとのこと。

卵は一つの籠に盛るな

これも超有名な言葉ですね。この格言は欧米で生まれたものの和訳のようです。

1つの籠にすべての卵を入れていると、落とした時にすべてを失ってしまうので、いくつかの籠に持っておきなさいということで、いわゆるリスク分散に対する格言です。

これは”つみたてNISA"に触れていると何度も出てくる言葉ですので馴染みがあります。

日本証券業協会に相場格言集がある

今回選定した格言たちは、日本証券業協会HPの相場格言集から引用してきました。

そもそもは1971年に発刊した「格言は生きている」という冊子の内容ということで、半世紀も前の言葉なわけですが、今でも通用するものありますね。

他にも野村證券大和証券にも格言集のページがあり、読むと面白いです。

www.jsda.or.jp

”ほったらかし投資”における格言たち

今回、格言を調べてみましたが、まず50年前ということと、株式投資デイトレードをするような投資家たちの格言ですので、僕がやっているような積立投資についての格言は、「卵は~」くらいしか見当たりませんでした。

そもそも、”ほったらかし”なので、格言なんて大層なものがあるはずもなく、、、でも何となく悔しいので、それっぽいものを自作してみました。

数々の格言は、ことわざと近い印象だったので、ことわざを文字ってみました。

ここから先はパロディーです(笑)。

相場の上にも10年

石の上にも3年のパクリ。しかも期間長すぎ。

積立投資のミソは、とにかく長期に保有すること。

過去の相場実績を見ると、分散投資を10年間継続した場合、元本割れする確率は限りなくゼロに近づけるということから、10年スパンで考えようねという意味。

雨垂れブタの貯金箱を穿つ

どんなに小さな力でも、根気よく続けていればいつか成果が得られるという「雨垂れ石を穿つ」ということわざのオマージュ。

コツコツ積立投資を続けていけば、やがて複利効果で大きな利益を生み、ブタの貯金箱に収まらないお金が手に入るという意味。そうなりたい~(笑)。

manpapa.hatenadiary.com

待てば金利の日和あり

「待てば海路の日和あり」からインスピレーションを受けて。

気長に運が回ってくるのを待とうという意味で、言い換えるなら「果報は寝て待て」ですね。

まさに”ほったらかし投資”そのものだなと思います。あえて言葉を作るまでも無かったです(笑)。

 

おふざけが過ぎましたが、”ほったらかし投資”における格言が、今後世の中で生まれたら、また調べてみたいと思います。

 

manpapa.hatenadiary.com

3人子育てパパの”3つの心の変化”

今週のお題大人になったなと感じるとき

自分にとって「大人になった」って何だろう?と考えたのですが、僕の場合、”父親になったことで変わったな”と思うことが3つあります。

10代~20代の頃に、自分の中で当たり前だったアイデンティティが、子育てを通してガラッと変わっています。

結果として、この3つの心の変化は、日常生活はもちろん、仕事においてもプラスに働いていると思うので、引き続き大切にしていきたいです。

子育てパパの参考になることでもない気もしますが、何となく共感できる人もいるのではないでしょうか。

f:id:Manpapa:20210112234703j:plain

1.”自分のモノ”という執着心がなくなった

「日々に疲れて弱気になった」とか、「周りの目を気にせずテキトーな服装になった」とか、そういうことではなく、”人のために行動する”ことが、自然にできるようになった気がします。

【例えば食事】

僕は、一番好きな食べ物を最後に取っておくタイプなのですが、若い頃の自分なら、計画的に残しておいた好物を、横から「それちょうだい!」と言われても、拒否するか、あげたとしても内心では「チッ」って思っていたはずです(笑)。

ただ、自分の子ども達に対しては、心の底から「あげよう」という気持ちになり、いやな感情すら湧きません。

【例えば散歩中】

我が家の子どもは、いつも鼻炎気味です。よく鼻水タラ~となるので、ティッシュが必需品なわけですが、うっかりティッシュを忘れてしまう日があります。

あまり綺麗な話ではないですが、その”タラ~”が止まらず、ティッシュも持っていない時があり、とっさに自分の服の袖で拭き取ったことがありました。

僕は結構服好きで、昔なら自ら服を汚すなどあり得ない行動なのですが、我ながら「どうしたんだ僕!?」と自分の行動に衝撃を受けたのを今でも覚えています。

 

そんな子ども達との経験を通して、”自分一番”的な感覚が軟化し、人にあげたり人のために行動することが、よりフラットな感情で出来るようになった気がします。

2.素直な笑顔が身についた

長男・長女が生まれた時より、3人目の次男が生まれて以降の方が大きく変化しているなと改めて感じますが、僕自身が笑うようになりました

10代の頃は大仏かと思うほどの仏頂面で、社会人になってから、営業スマイル的な口角を上げる笑顔を身につけました。

上の子は4歳・2歳で会話できるようになりました。ユニークなこと言うなと感心する時もありますし、子どもとの会話は本当に面白くて、自然と表情筋がほぐれます。

「丸くなった」といえばそれまでですが、公私ともに笑う機会が増えたと思います。

今までどんだけピリついてたんだと改めて思います・・・。

3.「人生は、まさに”今”だ」と気づかされた

世の中は、新型コロナウイルスによって従来の暮らしが一変し、様々な計画が狂わされています。

我が家の4歳・2歳・0歳の子ども達は、まだこの一大事について理解できる年齢ではないため、朝起きてから夜眠りにつくまで、「牛乳飲みたい!」「アンパンマン見たい!」「公園行きたい!」「疲れた!」「お腹すいた!」と思うがままに生きています。

ただ、そんな思いのままに楽しそうに過ごしている子どもを見ると、先々の不安をして動かないより、”今”行動した方が幸せなのかも、と思います。

緊急事態宣言も出ているので、行動は制限されますが、ステイホームでもできることは、思い立ったらすぐチャレンジ!してみたいと思います。

 

そんな心の変化が、僕が資産運用を始めたきっかけになっているかもしれません。 

日々、子どもと妻に感謝です。

manpapa.hatenadiary.com

manpapa.hatenadiary.com

 

"ほったらかし投資生活"運用実績レポート(2021.1)

つみたてNISAを2020年期中から開始し、今年が12ヶ月間フルで投資する最初の年となります。1月の僕の積立実績をレポートします。(2021年1月11日時点)

”つみたてNISA”に興味がある人、これから始めようかなと思っている方の参考になれば幸いです。

f:id:Manpapa:20210111104409j:plain

口座①の運用実績(2020年3月開始)

昨年3月から開始した口座①の実績は以下の通りです。

f:id:Manpapa:20210111105013j:plain

本当にたまたまですが、コロナショックによる経済のほぼ底値から開始できたので、損益率+20.77%という高水準を保っています。

まさに、”ほったらかし”で、勝手に約9万円も稼いでくれていると考えると「投資の運用効果ってすごいなぁ」と改めて感じますし、その逆も然りということを常に覚悟しておく必要があります。

投資においては、急に暴落した時に、その一時的な金額変動でショックを受けないようなメンタルを持つことが大切と言われています。出だし好調なので、気を付けるようにします・・・。

口座②の運用実績(2020年5月開始)

口座②は、経済が復調し始めたタイミングの5月から開始しています。

f:id:Manpapa:20210111105639j:plain

こちらも、+14.77%という利益率で好調です。

口座①と②では、保有商品に差があるので、同条件というわけではないですが、開始月が2ヶ月違うだけで損益率が約6%も違うという結果を見ると、いかにコロナショックが大きかったのかということが分かります。

リーマンショック時もこんな感じだったんですかね・・・。

Totalの運用実績(口座①+②)

口座①と②を合算した運用実績は以下の通り。

f:id:Manpapa:20210111110324j:plain

利益率17.77%で、約15万円のお金を生み出してくれています!

「ただ漠然と貯金しているお金を、どうせなら投資に回してみよう!」と決断してから早1年あまり。継続は力なりという感じですが、気づけばもう86万円も投資しているんですね・・・。

利益率が高い銘柄は”新興国株式”

あくまで短期的なものなので、参考程度ですが、実績を見てみるとTotalを見てみると新興国株式”の利益率が唯一20%超となっていることがわかります。

”セクターローテーション戦略”の回でも見てみましたが、新興国株式は中国の銘柄が筆頭であり、世界に先駆けて経済が復調しているので、その結果が数字に出てきていると思われます。

昨年の秋頃は、米国株が最も伸長していたと記憶しています。(売れ筋No.1!になっていたはず)

短期的な視点で銘柄を選択するのは、長期投資には不向きだということがわかります。

manpapa.hatenadiary.com

個人的には、”つみたてNISA”を開始して本当に良かったと思っています。あとは、時間(複利効果)が僕の味方をしてくれるので、長期でコツコツと積み立てしていきたいと思います。

 

manpapa.hatenadiary.com

 

投資の専門用語?”セクターローテーション戦略”とは?

年始に自分のポートフォリオを確認する中で、”セクターローテーション戦略”という言葉を知りました。”セクターローテーション”とは何なのか?メモしてみます。

f:id:Manpapa:20210110222625j:plain

景気の波に乗る!?”セクターローテーション”とは?

用語の説明

”セクターローテーション”とは、景気や金利の変動を見極め、将来的に成長が期待できる業種(セクター)に先回りして投資していき、運用効果を最大限引き出す投資戦略のことです。

アメリカの有名な投資家ジム・クレイマー氏が提唱した戦略ということで、米国株式市場について言及されているものですが、世界全体にも置き換えることはできるのかなという印象です。

セクターローテーションを図で表すと

ネット上に複数ある図表から多少加工して作成してみました。

f:id:Manpapa:20210110231024j:plain

経済は、拡大期⇒成熟期⇒後退期⇒停滞期というサイクルで循環していて、そのタイミングに応じて伸びるセクターが異なるというものです。(必ずしも当てはまるわけではないですが・・・。)

それぞれの期間で強いセクターはざっくりまとめると以下の通り。

f:id:Manpapa:20210110225943j:plain

ここ数年はGAFAM(GoogleAmazonFacebookAppleMicrosoft)を始めとするハイテク銘柄が世界を席巻し、図だと左上(好景気かつ低金利)の「拡大期」に該当していたのかなと思います。

2020年に新型コロナウイルスが出現したことで、世界市場は一時大暴落しましたが、また年内で持ち直し、未だハイテク株が絶好調をキープしていますね。

新型コロナウイルスが落ち着いたら、車(テスラ!?)や住宅、飲食、旅行等の消費循環株が復調、経済活動も活発化し素材や工業が伸びる等、ひょっとしたら「成熟期」に移行していくのかもしれません。新型コロナウイルスが、世界経済のステージを一つ切り替えるきっかけになりそうですね。(僕の勝手な妄想です)

"つみたてNISA"と"セクターローテーション戦略"の関係は?

セクターローテーション戦略は、特定の銘柄を独自で購入するなら抑えておきたい知識かと思います。"つみたてNISA”は、そういった銘柄の組み換えをプロが運用してくれる商品ラインアップになっているので、自分で考える必要は基本的になさそうです。

実際に"つみたてNISA”の商品でセクターローテーションは起きてるの?

自分で考える必要はないとはいえ、自分が保有している商品がどうなっているのか気になり、いくつかの商品でセクター別のポートフォリオを確認してみることにしました。

全米株式/全世界株式で比較してみた

自分が保有する楽天・全米株式/全世界株式インデックスファンドで比べてみました。

f:id:Manpapa:20210110232947j:plain

やはり、テクノロジー(ハイテク銘柄)の比率が圧倒的で、まさに「拡大期」といった印象です。

また、一般消費財が高いこと、またワクチン開発の期待もありヘルスケアの比率も高いのが、短期的ではありますが今の時代を反映させています。

全米株式より、全世界株式の方が「素材」「エネルギー」の比率が若干高いのが気になります。やはり世界的には「成熟期」に向かう傾向があるってことなのかな?

全世界株式は半分以上が米国株式で構成されているので、この2商品の比較では、そこまでの違いは見出せません。

全米株式/全世界株式/新興国株式で比較してみた

新興国株式についても比較してみました。新興国株式は、中国、台湾、インド、ブラジル等の新興国を軸としています。

f:id:Manpapa:20210110234500j:plain

比較してみると、結構違いが出てきました!

テクノロジーが高いのは相変わらずですが、いわゆる「成熟期」に該当する一般消費財、素材等も既に高めになっています。

新興国株の中心となる中国は、世界でも早期に景気回復に向かっているので、次のステージに一足早く向かっているということが読み取れます。

注意したいのは、景気循環は一般的には数年~十年単位で訪れるものであるということです。つみたてNISAは、2018年開始の制度ですので、商品ラインナップを見ても、まだ大規模な銘柄変更を実施するようなタイミングではなく、あらかじめ商品組成時に設定した銘柄の比率が、上記のようになっていたということが考えられます。

しかし、実際に商品を比較してみると、”セクターローテーション戦略”の流れに沿っているなということも実感できました。さすがプロ!(笑)

manpapa.hatenadiary.com

manpapa.hatenadiary.com

manpapa.hatenadiary.com

 

【子育て便利グッズ3選】3人の子育てで実感した”間違いない商品”

我が家では、昨年に3人目の男の子が生まれ、4歳2歳0歳の子育て真っ最中です。

3人目の赤ちゃんにして、初めからこれ使っとけば良かった~!と思う便利グッズについて、私の実体験を通して3つご紹介します!

現代社会における子育ては、どうしても時短や効率化が求められていると思います。

そんな子育て世代の方や、出産祝いのプレゼントなどの参考になれば幸いです!

f:id:Manpapa:20210104222904j:plain

赤ちゃんのお風呂”沐浴”で役立つグッズ

毎日の必須イベントである”お風呂”。

そんな赤ちゃんの沐浴でご紹介したいのが、沐浴剤の「スキナベーブ」です。

”石けんいらずのカンタン沐浴!”というキャッチフレーズの商品で、1970年の発売から実に40年以上もの歴史がある沐浴剤です。

赤ちゃんの沐浴は、ベビーバス、ガーゼ、バスタオル、着替え等を準備し、お湯の温度の調整し、石鹸を泡立てて身体を優しく洗い、お湯で温めてあげて、最後に泡が残らないようにお湯をかけ流して・・・等、内容も盛りだくさんです。

沐浴中は、もちろん赤ちゃんにかかりきりで、親は手が離せなくなります。

そんな沐浴をカンタンに、かつ時短できるグッズがこの「スキナベーブ」です。

「スキナベーブ」をお湯に入れ、そのお湯で身体を洗い、そのまま拭いてあげれば沐浴が完了するという優れもの。

身体の汚れを落とす効果と、保湿・スキンケア効果も兼ねているので、赤ちゃんにも優しく、しかも、いい匂いです(沐浴後の赤ちゃんから、ふんわりいい匂いがします)。

使ってみると、本当に沐浴がカンタンになり、まさに一石四鳥くらいの商品です。

上の子2人は、石鹸を使う王道の沐浴をやっていたのですが、3人目にして、沐浴剤の便利さに気づきました!

www.babycare-net.com

赤ちゃんがスヤスヤ寝る便利グッズ

これは、出産祝いで頂いたのですが、おくるみの「スワドルアップ」です。

”赤ちゃんの夜泣き対策に奇跡のおくるみ”というキャッチフレーズの、オーストラリア発祥の商品です。

外部からの刺激や音等で身体が反応する「モロー反射」という赤ちゃん特有の現象を、おくるみで包み込んで和らげる効果があります。

身体にピタッとフィットする構造で、赤ちゃんも胎児の時に近い姿勢になるため、安心できるようです。更に、手もカバーできるので、爪で顔を引っ掻いて傷つけるのも防止できます。

実際にスワドルアップを着せる日と着せない日とでは、赤ちゃんの安眠度が違います。

夜泣きは、避けては通れない道ですが、親も忙しい身ですので、出来るだけ睡眠は確保したいところです。

このスワドルアップをプレゼントしてもらって、本当に助かっています。

lovetree.jp

2人以上の子育てなら思い切っていいかも!?2人乗りベビーカー

最後にご紹介するのは、3人目にして思い切って購入した2人乗りベビーカーです。

カトージの「二人でゴーDX(デニム)」という日本製の商品を購入しました。

上の子が4歳2歳なのですが、まだ疲れると「歩けない~」と言ってしまいます。3人目の赤ちゃんを抱っこしているので、もう一人抱っこするのは至難の業ですし、ましてや3人同時は、夫婦2人がかりでも不可能です。ベビーカー2台だと、これも夫婦とも手が塞がってしまうので、ベビーカーのグレードアップに踏み切りました。

ベビーカー本体が15kgでなのですが、使ってみると重さはそんなに感じません。

タイヤが大きいので操作性・安定感があり、道の段差等でつまづくことなく進むことができます(ベビーカーって、道路と歩道の段差で突っかかること結構ありますよね)。

後部座席は外したり倒したりできるので、上の子を載せたり赤ちゃんを寝かせたり、色んな使い方が長期間できるので、今後も我が家で活躍しそうです。

収納も充実しているので、スーパーの買い物をどっさり積んでも余裕です。

一人乗りベビーカーより大きいのは否めませんが、コンビニの通路も通れるサイズですし、デザインもシンプルで気に入っています。

街中で「あ、二人乗りだ!」と結構注目されますが、荷物も積めるし、好き勝手動く上の子2人を同時に乗せてしまえば、親としても安心感があります(自転車とか電気自動車は音もしないので、子どもがぶつからないかいつも不安になります)。

これも、実際使って良かったと思える商品でした!

www.katoji-onlineshop.com

2021年に向けて”つみたてNISA”ポートフォリオ分析

今年から"つみたてNISA”を開始し、年間限度額の40万円分の投資信託を購入したのですが、これからこの商品たちと長い付き合いになります。

2021年に積立設定した銘柄、金額や僕なりの考えをまとめてみました。

f:id:Manpapa:20201228154350j:plain

実際に積立設定した銘柄はこれ!

2021年も満額40万円の積立投資したいと思います。口座は、本人名義・妻名義の2つあるので、積立設定を以下の通りとしました。

f:id:Manpapa:20201228160503j:plain

本当にメジャーな銘柄のみでまとめています。変化球一切なし!

上記銘柄で2021年は積立投資を実施していこうと思います!

まずは楽天・全世界株式/全米株式インデックスファンド

楽天証券で”つみたてNISA”をするなら、使わない手はないという全世界株式/全米株式の2本です。

投資対象は世界最大級の運用会社であるバンガード社の投資信託で、安心感・知名度も様々な書籍やサイトでもお墨付きです。

全世界株式は、アメリカ、日本、先進国をはじめ新興国も含めた約8,000の企業から構成されており、長期投資が前提なら、バランス感のある全世界株式で手堅く積み立てるのがベターかと考えています。

全米株式は、現在も強気な成長率を維持しており人気商品です。アメリカが世界のマーケットをけん引するという体制が、少なくとも10年以上は確実に続くだろうという想定の下、全世界株式の次に割合を多くしています。伸びている分、下落時は騰落率も大きくなると思われますが、そこは「全世界株式も保有している」という安心感でめげずに続けようと思います。

とにかくお客様第一!eMAXIS Slimシリーズを5つ活用!

 残りはeMAXIS Slimシリーズで固めています。

とにかく「信託報酬率が将来にわたって安くなり続ける」という商品性が最大の魅力で、”ほったらかし投資”にとっては最大のメリットと言えます。このシリーズのみで積み立てしても良いくらいです。

基本的には、”全世界株式”と”米国株式”(こちらはS&P500ですね)をメインにしており、中国やインド市場の将来性という観点で”新興国株式”に、更にコロナに対応する技術革新等の期待として”先進国株式”、”国内株式”にも投資します。

そういう意味では、口座2の方が、実験的な投資になっているかもしれません。

同じ国や企業等、重複している内容が多々あるのは承知の上です。

大事なのは、「ほったらかすとは言え、自分で考え・決めたのだから自信をもつ」というのが、投資に求められる精神かと思いますので、短期的な騰落等で落胆したり焦って買い戻したりせず、しっかり見守っていきたいと思います。

僕の”つみたてNISA”ポートフォリオ

f:id:Manpapa:20201228214356j:plain

2021年の年間40万円×2口座=計80万円分の積立計画について、ざっくりですがポートフォリオをグラフ化してみました。視覚的にわかりやすくなりました。

楽天eMAXIS Slimシリーズの全世界株式、米国株式はひとつにまとめています。

こう見ると、結果として、大きく3分割されていることが分かりました。

  1. 全世界株式でバランス投資
  2. アメリカ株で強気に投資
  3. 新興国等で挑戦的な投資

全世界株式も半分くらいアメリカ株なので、より緻密なポートフォリオ分析をするとアメリカの比率が多い気もしますが、そこは今回は良しとします(笑)。

考え方は人それぞれですが、僕の場合は今年から積立投資を開始したばかりなので、もっと強気な投資をしてもいいのかなとも感じています。

今後の運用状況を見ながら、そして勉強しながら考えていきたいと思います。

 

manpapa.hatenadiary.com

manpapa.hatenadiary.com

manpapa.hatenadiary.com

 

息を吹き返した”ジュニアNISA” チャンスはあと3年?

"つみたてNISA"を開始して、2024年にNISA改正があるということを学びました。

その改正の中で、”ジュニアNISA”が結構使える制度に生まれ変わる!?ということで、内容を整理してみました。

f:id:Manpapa:20201223224837j:plain

”ジュニアNISA”は2023年で制度廃止が決定!

「生まれ変わるのに、廃止なの?」という意味のわからない展開ですが、まずは現行の"ジュニアNISA”の状況を解説します。

”ジュニアNISA”は、2016年度から始まった未成年者を対象とした制度で、2018年から開始した”つみたてNISA”より先輩にあたります。

子どもの将来の資金(教育費など)の準備として立ち上げられた制度ですが、この制度の最大のネックが「払出制限」でした。

対象の子どもが18歳になるより前に払い出しすると、過去の利益に遡って課税されるというもので、例えば中学・高校の時点でまとまった資金が欲しい等のケースだと、結局課税されてしまうという、超お荷物なルールになっていました。

そんなデメリットもあり、”NISA”や”つみたてNISA”と比較して、圧倒的に制度が浸透せず、結果として2023年での制度廃止が決定しました。

廃止と同時に、問題のルールが消失する!?

今回、"ジュニアNISA”は廃止が決まったことで、この「払出制限」が撤廃されることとなりました。2024年以降は、対象の子どもが18歳になる前でも、非課税で払い出しできるようになります。

皮肉にも、制度廃止と同時に「けっこう使えるヤツ」になってしまったとのこと。

”つみたてNISA”と"ジュニアNISA”を比較してみる

現行と改正後について、下図にまとめてみました。

f:id:Manpapa:20201223231711j:plain

「払出制限」の撤廃は黄色でマスクがけしています。

"ジュニアNISA”の年間投資上限は80万円と、”つみたてNISA”よりも積立金額が大きいという点がポイントです。

「20歳未満の子どもがいて、かつ、”つみたてNISA”は満額投資しており、もう少し投資金額を増やしたい」というような人にとっては、”ジュニアNISA”は魅力的なわけです。

既に2023年までで廃止が決定しているので、今からだと80万円×3年=240万円の投資が可能で、子どもが18歳になるまでは非課税運用できることになります。

確かに、利用価値あるかも!

僕の"ジュニアNISA”の使い方

僕は子供が3人いますので、今から始めると3年間で720万円の投資枠が確保できます。

貯金が足りないので満額投資するのは無理です・・・(涙)

我が家では、教育費とは別に、子どもが将来自立する時に渡そうと思って貯めているお金があります。引越し費用にしてもいいし、結婚費用にしてもいいし、お金の使い道は子どもに託す予定です。

この貯金、子どもが自立するまでは銀行に預けっぱなしの予定なので「それなら、”ジュニアNISA”制度で運用して、少しでも資産を増やそう」という考えに至りました!

子どもは長男が5歳。2021年から開始すると、18歳までで計13年間は運用できますので、長期投資としてはまずまずの期間といったところです。

将来この資産を子供に託す時、積立投資について説明し、現金受領するか、投資を続けて複利を拡大させていくか、しっかりとお金の授業をしてあげようと思います。

ということで、廃止となることで息を吹き返した”ジュニアNISA”も、来年からちょっとずつ活用していこうと思います!

 

manpapa.hatenadiary.com

manpapa.hatenadiary.com

 

買ってよかった2020 ”LIPのサービスウォッチ”

お題「#買って良かった2020

僕の今年のベストバイは、腕時計です!

f:id:Manpapa:20201221222610j:plain

LIPのサービスウォッチってご存じですか?

今年の自粛期間中「なんか気分が上がる買い物したいなぁ」と思い、仕事でもプライベートでも身に着ける機会が多い腕時計について調べてみることにしました。

そんな中、LIP(リップ)というブランドにたどり着きました!

LIPの歴史は古く、1867年にフランス東部の街、ブザンソンで誕生したフランスを代表するウォッチブランドです。

代表的な時計としては、英国首相に贈呈された”チャーチル”や、1975年に発売された左右非対称な独創的なデザイン”マッハ2000”というシリーズが有名です。

lipwatch.jp

このLIP、そこまでお値段が高額ではないというところもポイントが高いです!

ブランドウォッチというと、10万円程度かなと想像しますが、2~3万円で購入できる腕時計も多々あるので、お財布にも優しいです。

そんな中、”サービスウォッチ”というシリーズに出会いました。

LIPサービスウォッチとは?

タイトルの写真が”サービスウォッチ”です。

文字盤が数字ではなく文字で構成されている面白いデザインです。ですが、全体はシンプルかつコンパクトにまとまっており、さりげないオシャレを演出する時計です。

かつて1964年~1966年に、LIPの時計を修理やオーバーホールでお預かりしている期間に、代替品として貸出していたのがこの”サービスウォッチ”で、その復刻版です。

文字盤に”Apres Vente”フランス語でアフターサービスという意味)が刻印され、内側には「あなたに時間をお貸しします」というメッセージが刻まれています。

この洒落感、たまらないです。フランス語読めないですが・・・(笑)

 

僕がこの”サービスウォッチ”にたどり着いたのは春頃。その当時は販売していなくて、2017年に100本限定で発売されてという過去記事で見つけました。

中古オークションサイト等も探しましたが見つからず、「手に入れられないのか・・・」と落胆していたところ、なんと10月15日に50本限定で再発売されるとのこと!発売日に即スマホでポチりました!

翌日には完売していたので、やはり狙っている人は多かったようです。

lipwatch.jp

今は時間を調べるならスマホ画面を見れば一発ですし、腕時計の存在価値は少なくなりつつあると思います。そんな中、さりげないデザインで自分の気分が上がる、どちらかというとファッション感覚の位置づけで、今回”サービスウォッチ”を購入しました。

本当に久しぶりに腕時計を購入しましたが、まだまだ腕時計捨てたもんじゃないなと思った買い物でした。

楽天ポイントのおすすめの使い方?楽天ポイント投資が最強か?

つみたてNISAを楽天証券で開始し、今年は限度額40万円まで投資信託を購入しました!

同時に、普段の買い物等で貯まった楽天ポイント投資信託を購入する”ポイント投資”も活用していたので、その運用効果を纏めてみました。

 

f:id:Manpapa:20201220191541j:plain

通常でも十分な運用実績!

2020年12月18日時点の、運用実績は以下の通り。

f:id:Manpapa:20201220192206j:plain

いや、十分過ぎる実績ですね。。。

損益率+17.63%7万円くらいの利益が出ています。

このままこの損益率が維持されるわけではないのが、株式投資なわけですが、できれば好調をキープしてもらいたいものです。

楽天ポイント投資の運用効果が凄かった!

同日時点、楽天ポイントを加味した実質的な運用実績を算出してみました。

f:id:Manpapa:20201220192814j:plain

楽天ポイントで購入した分は、実際に僕がその時点で金銭負担しているわけではないと考え、実質積立金額が、どれだけの効果を得たのかを算出(妄想)しています。

損益率+40.27%、約13万5千円の利益です!

僕は、昼食やコンビニ、交通費まで、基本的にキャッシュレス決済可能な場合は、全て楽天カード経由で購入するようにしています。

2020年は6万円くらい楽天ポイントが貯まり、それらを"つみたてNISA"に投入しました。

”貯まった楽天ポイントがさらなるお金を生みだす”という意味では、楽天ポイントの使い道としてはかなりおすすめな方法だと実感しています。

注意点は、ポイント投資で使えるのは「通常ポイント」というポイントで、「期間限定ポイント」は対象外ということ。

これに気づかず、期間限定ポイントを5,000ポイントくらい放置していて、期限切れになったことが1回ありました・・・(あの頃に戻りたい)。期間限定ポイントは、通常の楽天ショップでの買い物に充てればいいと思います。僕は、子供のクリスマスプレゼントに使いました!

来年以降も、楽天証券の更なるお得な使い道を探求していきたいと思います!

 

manpapa.hatenadiary.com

manpapa.hatenadiary.com

 

投資の専門用語? "eMAXIS Slim" "S&P 500" ってどんな意味?

"つみたてNISA"を開始して、投資信託の商品を購入することになったのですが、"eMAXIS Slim" "S&P 500"など、投資の専門用語のような、知らない単語がいくつか出てきました。単語の意味は?由来は?という部分が気になって調べてみました。

f:id:Manpapa:20201216230444j:plain

 "eMAXIS Slim"は、投資信託の商品名

eMAXIS Slimシリーズのコンセプト

 eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)は、三菱UFJ国際投信が発売している投資信託の商品名です。投資の世界では知らない人はいない超人気商品だと思います。

とことんコストを追求する投資信託」というコンセプトで、2017年2月に誕生した商品シリーズで、”つみたてNISA"の対象としては9つの商品がラインナップしています。僕は、5つの商品を保有しています。意外と歴史は浅いんですね。

積立投資において、コストになるのが信託報酬です。信託報酬率が低いほど投資する人にとってはリターンが大きくなりますし、投資期間が長期になるほど響いてきます。

そんな「信託報酬率の業界最低基準を目指し続ける」という方針のもと、発売以降も何度か信託報酬率を引き下げているのが、このeMAXIS Slimシリーズです。

emaxis.jp

名前の語源

僕は、5つのeMAXIS Slimシリーズの商品を保有しているわけですが、名前の語源を知っておきたいと思います。

2008年に初めてMAXISというブランド名の商品が発売。「MAX:最大の最高の」と「AXIS:中心軸」を合体させた造語だったそうです。そして、翌2009年にネット向け商品が発売した際に、「eコマース(電子商取引)」の「e」をとって、eMAXISとなったそうです。

その後、信託報酬率のスリム化を追求するeMAXIS Slimが2017年に誕生するわけですね。なんかスッキリ!

S&P 500は、米国株の株価指数

S&Pは社名の略

S&P500は、Standard & Poor's 500 Stock Indexの略で、アメリカの代表的な500銘柄の株価を基に算出される株価指数のことです。

現在はS&P ダウ・ジョーンズ・インデックスという金融会社によって運用されていますが、その起源は1923年と歴史も古いです。

500銘柄は固定ではなく、必要に応じて入替もされるということで、とにかく500もの銘柄に分散投資していることで、バランスが保たれ、長期的視点でみるとアメリカ経済の発展と相まって、結果的に伸長し続けている指数とのこと。

P=Poorって、貧しいってこと!?

ここで気になるのが、S&PはStandard & Poor'sの略というところ、Poorって単語だけ見ると、なんだか縁起でもない感じがしたのですが、よくよく調べてみると、スタンダード統計とプアー出版という会社が合併してできた金融会社の名前です。

更に、プアー出版は、ヘンリー・ヴァーナム・プアーという鉄道事業の専門家が創設した会社とのこと。ようやく語源にたどり着きました!

この方、1812~1905年で92歳と超長寿!

19世紀、アメリカ国内の鉄道情報を網羅する雑誌を作り、その雑誌を毎年更新するために出版社を立ち上げたとのこと。

200年前、アメリカで鉄道が発展していった時代の人名が、幾度も形を変えて受け継がれ、S&P 500という株価指数として現在も生きているって、なんだかロマンを感じました。プアーさん、凄い人だったんだろうな。

 

自分で選んで購入している商品なんだから、ちゃんと意味を理解しておきたかったので、名前の起源はとても勉強になりました。

manpapa.hatenadiary.com

『ビッグマネー!』というドラマの思い出

今週のお題「もう一度見たいドラマ」。僕がふとした時、また見たいな~と思い出すドラマは『ビッグマネー! 〜浮世の沙汰は株しだい〜』です。

f:id:Manpapa:20201214232039j:plain

 

『ビッグマネー! 』について

 2002年に放送されたドラマで、原作は石田衣良の「波のうえの魔術師」。

サブタイトルの通り、”株”を題材にした、なかなか珍しいドラマです。

放送時、僕は15歳。当時の衝撃が今も残っているドラマです。

あらすじ

主人公は、就職浪人となり、漠然と将来に不安を抱える青年。

そんな青年が、偶然街で出会ったのは”伝説の相場師”と呼ばれる老人。青年は、老人から株式の知識を伝授され、次第にその才能を開花させていく。

そして、大手銀行の巨大な不正と対峙した時、株の世界を舞台に青年VS銀行の真っ向勝負が始まる。。。という感じです。

巨大な悪に立ち向かう社会派ドラマって聞くと、最近あったような・・・。

半沢直樹じゃん!

キャスト

内容は堅そうですが、主役は長瀬智也。やっぱりカッコいい!

主人公の最大のライバルとなる銀行員役は原田泰造。相当な悪役でしたが、原田泰造の演技力が特に際立っていたドラマだと思います。

”伝説の相場師”は植木等。その他にも、小日向文世松重豊八千草薫長谷川京子等、今となっては超豪華俳優陣の布陣で製作されています。

このドラマの面白さ

何といっても巨大な金を株式の世界でガンガン動かしているという爽快感。

「サラリーマンが生涯で稼ぐお金は2億!株なら10分!」と伝説の相場師が言い放ったのは衝撃的でしたね。

あくまでフィクションですが、15歳だった僕からすると、株式投資デイトレードの世界が垣間見え、「カッコえぇ~」と感動していたことを思い出します。

前半は一話完結で株式の話やコメディチックなストーリー展開となっていますが、後半の大手銀行との真っ向勝負は、もの凄いスピード感とスリルを感じました。

今とは違うなと感じること

ドラマ放送は今から18年前。

携帯電話に写真機能がついて間もないくらいの時代です。調べてみると、iPhone初代はこのドラマの5年後に世の中に登場します。時代を感じますね・・・。

劇中でも、家でパソコンで株の値動きを見て、固定電話から証券会社のトレーダーに連絡し、株式を購入するという手法をとっています。

今はネット証券も誕生し、誰でも簡単に株式購入できるようになりましたし、テクノロジーの発展は凄いですね。

前半で、親戚の子供(小学生)が趣味で始めたデイトレードでどんどん利益を上げ、主人公もその子供にデイトレードの指南を受けるという回があります。親も金に目がくらみ、貯金を全て子供に託して株運用してもらおうとするのですが、結末は、その子供は主人公が教えてくれたバスケに夢中になってしまい、趣味の株をあっさりやめてしまうというものです。

「やっぱり、株なんて子供がやるもんじゃないね」みたいな結末だったので、日本の株式投資に対するスタンスが、今思うと暗に表現されている回だと思います。

このドラマもあって、株に対して”別次元の世界の人たちがすること”みたいな印象が僕にはついてたのかなぁ。

今はネット証券で誰でも簡単に株式購入できるので、便利な時代になりましたね。

主題歌もいい!

主題歌は、神田沙也加のデビューソングが抜擢されています。この歌も非常にいい曲で、たまに脳裏で流れます。なんと当時15歳で作詞作曲。すごいな。。。同い年じゃん・・・。

www.amazon.co.jp

www.amazon.co.jp

コロナ禍に”つみたてNISA”を始めたら資産は増えるのか?

”ほったらかし投資生活”の代表格である”つみたてNISA”。僕は2020年3月からと、5月から、本人・妻の名義で2本の”つみたてNISA”を開始しました。

2020年5月は、新型コロナウイルスの渦中という時期ですが、運用実績はどうなったのかレポートします。

f:id:Manpapa:20201211161130j:plain

結果、5月から開始しても資産は増えた!

2020年5月から”つみたてNISA”を開始し、満額40万円で投資した結果がこちら!

f:id:Manpapa:20201211161832j:plain

増えてます!

「株なんて経済不安定なタイミングで素人がやっても成功しないだろう」という先入観がありましたが、とりあえず、Total+11.17%という結果です(2020年12月11日時点の運用実績)。

そもそも、株式投資やFXに対して「リスク」という先入観がありましたが、積立投資について学ぶ機会があり、”つみたてNISA”ならやってみよう!と開始したわけですが、個人的な感想としては、始めてみてよかったと思っています。もちろん、投資はリスクがつきものですので利益が保証されているわけではありません。しかし、過去の統計的に見ると、利益確保できる確率が高いということなので、積立投資を継続できればと考えています。

今から積立投資をはじめる人へ

以前、コンビニで不動産関連の雑誌の見出しで印象的なフレーズがありました。

「マイホームの”買い時”は、”買いたい”と思った時!」

確かこんな感じだったと思います。「消費税が変わる前に」「低金利のうちに」「オリンピックが終わってから」等、住宅購入のタイミングって諸説あるかと思うのですが、この見出しを見て、周りの環境に左右されるより、先ずは自分の意志を持つべきだなとしみじみ感じました。多分、そこまで重い内容じゃないと思うのですが、僕の心には何だか響きました(笑)。

そんなこんなで、まずは始めてみる!結果が良くても悪くても自分で始めたから後悔しない!という精神で積立投資を開始しています。

以下の僕の記事も参考になれば幸いです。

manpapa.hatenadiary.com

manpapa.hatenadiary.com

"投資に興味がある人"におススメの動画

”ほったらかし投資生活”は、投資信託を定期購入して放置するというシンプルな運用方法で、誰でもできます(投資初心者の僕でも簡単に始めらました)。

「投資とか株ってリスクが怖いな」と思っている方に、是非見ていただきたい動画があります。

f:id:Manpapa:20201208221059j:plain

R25編集部のYouTube動画をご紹介

YouTubeに「新R25編集部」というチャンネルがあります。様々なビジネスパーソンにインタビューし、10分程度の動画でまとめてくれているチャンネルで、勉強になる内容が多いです。

その中で、投資初心者向けに見ていただきたい動画は以下です!

www.youtube.com

厚切りジェイソン殿(なぜ殿なのかは動画を見ればわかりますw)の「長期投資の王道」という動画です。

彼は、資産のほとんどをアメリカ株で長期投資しているとのことで、その理由を分かりやすく説明してくれています。「なるほど~」と思える動画ですので、おススメです。

動画の話のポイント

なぜアメリカ株がいいのか?

アメリカは、ビジネスで利益を出しやすい法律等が整備されており、将来性のあるビジネスに周囲が積極的に出資する風土もある。また、アメリカの文化として、”利益最優先”、”お金持ちになりたい”という意識が根強く、結果的に企業も成長するのだとか。大企業が潰れてもそれを上回る巨大企業が誕生したり、シリコンバレーでデジタル・テクノロジー分野が発展し続けるのはこのためですね。

買っているのはアメリカ全体に投資できる”S&P500”

S&P500とういう投資信託を購入しており、期間を分散して、長期的に、幅広く買い、ずっと放っておくのが大事。前述のようなアメリカ経済の強さがあるからこそ、過去20年間の推移を分析すると、利回りが6%以下になった期間がなかったとのことです。リーマンショックなどを経ているのに凄いですね。(勿論、将来も利回りがプラスになり続けるという保証はないです)

アメリカ株は、実質的には世界株

グローバルでビジネスをしている企業が多く、売上の大半は海外から。アメリカ企業に投資するというのは、世界の企業に投資しているようなもの。アメリカ国内の売上が落ち込んでも、グローバルの売上が増えれば、その企業は潰れない。逆に、日本の上場企業の売上の多くは国内シェアで占めており、日本経済と一心同体。

 

動画では、上記の他に「アメリカ人が株価への関心が高いワケ」等も解説していますので、是非見てみてください。

 

manpapa.hatenadiary.com

 

新型コロナウイルス後に投資信託を始めても大丈夫?

僕は今年から”ほったらかし投資生活”として、”つみたてNISA”を開始しています。

自分名義で3月から、妻名義で5月から積立投資しています。新型コロナウイルスが積立投資にどのような影響を与えたか、実際の運用実績をレポートします。

f:id:Manpapa:20201207222311j:plain

新型コロナウイルスの株式への影響

2020年、新型コロナウイルスはどのような影響を与えたのか、”楽天・全世界株式インデックス・ファンド”の運用報告書(2020年7月15日)を確認してみました。運用報告書は、投資していなくても閲覧することができます。

www.rakuten-sec.co.jp

当期のグローバル株式市場は、米中貿易交渉における第一段階の合意などを背景に2020年2月中旬まで堅調に推移したものの、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大やそれに伴う経済活動の減速を受けて2月下旬から3月中旬にかけて大きく調整しました。3月下旬以降は、経済活動の再開やワクチン開発への期待から下げ幅を縮小する展開となり、前期末比プラス圏まで急速に回復しました。

あくまで 7月15日までの話ですが、「まぁ、その通りだろうな」という感想です。実際に2月頃から、ガクンと指標が急落し、その後、嘘のように急回復しています。

業種別で見ると、ステイホームやテレワーク拡充に伴い、デジタル・テクノロジー関連が飛躍し、また、ワクチン開発の期待からヘルスケア関連が伸長しました。逆に、原油需要等の落ち込みでエネルギー関連は大きく下落したとのこと。

楽天・全世界株式”は、テクノロジー・ヘルスケア関連が株式構成の30%程を占めており、エネルギー関連は3%程度。こういった構成も奏功したと推察します。

これ、仮に100年前のエネルギー革命期だったら、崩壊してましたね・・・。

”比較” つみたてNISAを3月/5月に開始した運用結果

 実際に、3月から/5月から開始した"つみたてNISA”がどうなったか比較してみます。

f:id:Manpapa:20201207224933j:plain

3月、ほぼ底値からのスタートだったので、損益率約+17~8%と高水準です。

そして、ある程度回復傾向にある5月からスタートした場合でも、約+13%と十分すぎる損益率を残せました。

今後も、ワクチンの登場等、株式伸長が期待できそうな展開もありそうですし、新型コロナウイルスで世界不安だからといって積立投資を先延ばしにするのではなく、むしろ今からでも始められる!”と振り返ると感じます。

きっと中長期的に見ると、平均的な損益率(+5%くらい?)になると思いますが、「何だか、リスクありそうだし抵抗感あるなぁ」と漠然と感じていた株式投資の初心者としては、万々歳の結果だったと言えます。

2021年の年末、どんなレポートをしているか想像もつきませんね(笑)。