3人子育てパパの”ほったらかし投資生活”

つみたてNISAの資産運用レポート&子育てのブログ

どちらがお得?”楽天・全世界株式/全米株式インデックス・ファンド”を比較

2020年3月から、”つみたてNISA”を開始しています。楽天証券で人気の2つの銘柄について、運用実績をもとに比較してみることにします。

f:id:Manpapa:20201206230608j:plain

楽天・全世界株式/全米株式インデックス・ファンド

楽天証券の人気銘柄でランク上位に入る”全世界株式インデックス・ファンド”と”全米株式インデックス・ファンド”。通称、"楽天・バンガード・ファンド(全世界株式/全米株式)。

どちらも、簡単に世界やアメリカの株式に投資することができる、初級入門編的な銘柄です。僕は、株式動向や経済情勢を絶えずチェックする時間もノウハウもないため、この2銘柄を軸にしています。

”全世界株式”は、投資対象が世界中の企業ということになりますが、直近の月次レポートを閲覧してみると、57.4%はアメリカ企業への投資で、次ぐ日本は7.4%、中国は4.9%と、アメリカの存在感が際立っています。やはり良くも悪くもアメリカ経済は世界に多大に影響を与えるのだなということがわかります。

来年は、新型コロナウイルス対策やアメリカ大統領選挙の影響など、どんな展開になるのやら・・・。

”比較”どちらがお得!?(全世界株式/全米株式)

2020年12月6日時点で、僕の2銘柄の運用実績を比較してみます。

f:id:Manpapa:20201206233038j:plain

全世界株式の方が、若干損益率が良いですね。

2020年の推移は、僕なりに要約すると以下の通り(運用報告書を参照)。

  • 新型コロナウイルスにより、2月下旬頃から世界経済は大きく停滞
  • 4月以降、各国の迅速かつ大胆な対策により、緩やかに経済は復調
  • 6月頃、米国で感染再拡大したものの、何とか株価上昇をキープ

今年は、どちらに投資をしても、新型コロナウイルスの影響を受け、同じような結果にならざるを得ない状況だったのかと推察します。来年は、ワクチン開発や新しい生活様式に対応するテクノロジー進化等の期待が高まります。

結局のところ、どっちがいいの?という疑問点については、大変心苦しいのですが、答えは出ていません。いずれも、世界経済の影響を受けると考えると、ほぼ同じような値動きとなる銘柄だと思います。

アメリカ経済の伸びを信じるか、世界全体でリスクヘッジするか、個々の考え方になるのかなと思います。ただ、アメリカが突然衰退するというのも考え難く、”アメリカ中心の株式投資”というスタイルは、当分の間続けても問題ないのではと考えます。

僕は、引き続きどちらの銘柄も積立投資していく予定です!

”ほったらかし投資生活”運用実績レポート<20年12月①>

僕は”つみたてNISA”を2020年3月から開始し、投資上限40万円まで満額投資しました!

12月分の積立も完了したので、2020年度実績をレポート!

f:id:Manpapa:20201203223841j:plain

公開!コロナ禍で開始した"つみたてNISA”の運用実績!

2020年12月3日時点、"つみたてNISA”の上限40万円まで投資した結果は表の通り!

f:id:Manpapa:20201203224117j:plain

評価益は+66,315円、損益率は+16.58%!

上出来ですね!出来過ぎといっても過言ではないでしょう。そもそも「どうせ銀行で貯金しているお金(すぐ使わない資金)があるなら、"つみたてNISA”に放り込んで増やしてみよう!」と開始したわけですが、結果、6万円も稼いでくれました!凄い!

なんでもっと早く始めなかったんだ・・・と思いましたが、"つみたてNISA”は2018年から開始している制度で、今年から始められてまだ良かったかなと思っています。

さて、2021年はどうなるかな?

これから23年間積み立てるという長い道のりです。新型コロナウイルスの影響も未知数ですし、様々な波乱もあるはずですが、根気よく気長に見守ることとします。基本”ほったらかし”ですけどね(笑)。

”投資”で守るべき3つのキーワード

さて、今月は2021年の積立投資の設定をする必要があるのですが、"投資"において守るべき3原則的なキーワードを備忘録として残しておこうと思います。

  1. コツコツ
  2. リスク分散させて
  3. 長期に渡って

とても基本的かつ有名なキーワードですね。

「1.コツコツ」「3.長期に渡って」は、もう実践できているので、継続あるのみだと思っています。「2.リスク分散させて」という点は、少し考える必要がありそうです。

現在、5種類の銘柄を購入しているわけですが、とりあえず2021年は新銘柄の購入等は考えず、愚直に既存の銘柄を伸ばしていこうと思います。それぞれの設定金額は後日レポートできればと思います。

「"つみたてNISA”やってみようかな」という方、思い立ったが吉日です!

www.rakuten-sec.co.jp

投資の専門用語?”複利効果”と”72の法則”とは?

僕は、つみたてNISAを開始したことで、"複利効果"という言葉を知りました。学校等では教えてくれないお金の知識で、自分の子供には絶対教えてあげよう!と固く決意しています(笑)。

今日は、”複利効果”について考察してみました。

f:id:Manpapa:20201202213751j:plain

分かりやすい”複利効果”のイメージ

金融庁HPでは、"複利効果”を以下のように解説しています。

投資には、中長期的に行っていくことで、投資資金を運用して得られた利益が更に運用されて増えていく「複利」の効果があります。「投資期間」と「複利」の効果には関係があり、投資期間が長いほど、複利効果も大きくなる傾向があります。また投資期間が長いことで、投資による価格変動リスクが小さくなり、安定した収益が期待できます。 

よく”雪だるま”に例えられる”複利効果”。折れ線や棒グラフで、その効果を説明するイメージは見かけますが、「なんか、もうちょっとシンプルにイメージできないかな?」と思い、ネット上を参考に、こんなイメージを作成してみました。

f:id:Manpapa:20201202223437j:plain

シンプルに雪だるまに例えていて、元本の周りの利息を取り込みながら回転させていくと、どんどん利息が大きくなっていくのが一目瞭然です。なるほど、「利息が利息を生む」とはこういうことか・・・。将来、子供に説明するときはこれを使おうと思います(笑)。

知ってるとカッコいい!?"72の法則"

”72の法則”とは、複利効果により元本を2倍にするために必要な投資期間を簡易的に計算する法則のことです。計算式は以下の通り。

72÷年利=元本が2倍になる年数

例えば、利回り5%なら72÷5=14.4年で元本が運用益で2倍になるということです。

早速、先日シミュレーションした利回り5%で積立した場合の表を見てみましょう。

manpapa.hatenadiary.com

f:id:Manpapa:20201201225339j:plain

あれ!?14年目で560万円の元本に対して、運用収益は248万円?

全然2倍にならない・・・。

よく考えてみたら、それもそのはず。”つみたてNISA”は、毎年40万円ずつ元本を追加しながら運用していくので、"72の法則"が単純に当てはまるわけではないようです。(僕、数学苦手なんです・・・)

新説!?積立投資には”130の法則”

では、つみたてNISAで元本2倍になるのはいつなの?と思い、金融庁の「資産運用シミュレーション」で、おおよそ2倍になる時期を計算してみました。

www.fsa.go.jp

計算すると年利5%で元本2倍になるのは、どうやら25~6年の間のようです。

ということは、以下のような"130の法則”が成り立つのではないでしょうか!?何パターンか計算してみましたが、おおよそこの新法則に当てはまりました!

130÷年利=積立投資*で元本が2倍になる年数

*ただし、積立額が毎年一定である等、特定条件下でのみ有効そうです。

 

今までお金に関して考察したことがなかったのですが、色々考えてみると、新しい発見があるものですね。そんなことを感じた今日この頃でした。

”ほったらかし投資生活"を今から始めると、将来の資産はいくらになるの?

つみたてNISAを2020年から開始し、運用状況をレポートしています。

このまま運用を続けると、将来いくらになるのかシミュレーションしてみました。

NISA改正で、投資金額が800万円→920万円にアップ!

f:id:Manpapa:20201201222412j:plain

僕が”つみたてNISA”を開始した頃、そもそも”つみたてNISA”は、投資可能期間は2037年までという認識でした。僕の場合、2020年から開始したので2037年まで18年間×40万円=720万円の積立投資が可能であると思っていました。

これが、2024年にNISA改正があるということを最近知りました。詳しくは金融庁の「令和2年度税制改正の大綱における主要項目について」に記載があります。

www.fsa.go.jp


これによると、”つみたてNISA”による投資可能期間が2042年まで5年間延長されるということで、僕の場合は23年間×40万円=920万円まで積立投資できるようになります!”つみたてNISA”の非課税という制度メリットも活かし、MAXで積立していきたいと思います!

投資可能期間のおしりが2042年までと決まっているので、”つみたてNISA”をするなら可能な限り早く開始することがおススメです。

23年後の運用実績をシミュレーションしてみた

僕の場合、23年間で920万円の積立投資をすることができるとわかったので、23年後をシミュレーションしてみました。

シミュレーションで使用したのは、金融庁HP・NISA特設ウェブサイト内にある「資産運用シミュレーション」です。操作も簡単なので、誰でもすぐできますよ。

www.fsa.go.jp

年間40万円を23年間積立した場合、まずは想定利回り5%だと以下図の通りです。

f:id:Manpapa:20201201225339j:plain

23年目には、元本920万円が1,720万円に!当初の予定では18年間の積立だったので、18年目と23年目を比較してみると、運用収益が5年間で倍近く(444万円→800万円)になります!複利効果は長期になるほど発揮されるということがわかります。また、2024年のNISA改正は僕にとって相当デカい話だった、ということがわかりました!(日々勉強ですね・・・)

更に、叶ったらいいな!という願いも込めて、想定利回り7%でシミュレーション。

f:id:Manpapa:20201201230203j:plain

23年目には、元本920万円が2,273万円に!運用収益が元本超え!

最終的にこんなになったらいいなぁと思いつつ、粛々と継続していこうと思います。

今後が楽しみです。

つみたてNISAで”楽天ポイント”をフル投入!(2020.11)

つみたてNISAの運用状況をレポートします。

僕は、楽天証券で”つみたてNISA”を運用しているのですが、楽天カード楽天ポイントをフル稼働させています。実際の運用損益をご紹介します!

f:id:Manpapa:20201130225249j:plain

僕が楽天証券でやっていること

楽天証券で実践していることは、至ってシンプルです。

  1. 投資信託の購入は、楽天カードクレジット決済
  2. 貯まった楽天ポイントは、全て投資信託の購入に充当

まず、楽天証券を利用するなら楽天カードクレジット決済が絶対おススメです。購入額100円につき1ポイントの楽天ポイントを獲得することができるので、ただ口座引去をするよりメリットがあります。(ポイントは楽天ショップで使ってもいいですし)

次は、ポイント利用による投資信託購入です。僕は、日常から殆どの買い物を楽天カードで決済しており、ポイントが貯まります。その貯まったポイントを、将来の資産に昇華させるべく、全ポイントを投資信託購入に充てています。(楽天ポイントの期間限定ポイントは対象外です)

貯まった楽天ポイントを、少しでも自分の資産・お金に転嫁したい!と思い、上記のような対応をしています。

www.rakuten-sec.co.jp

楽天ポイント活用による実際の運用実績(2020年11月時点)

f:id:Manpapa:20201130231822j:plain

僕が運用する銘柄の中で、”楽天・全世界株式インデックス・ファンド”の購入時に、楽天ポイントをフル投入しています。上の図の通り、9ヵ月間で投入したポイントは約6万ポイントです。

今思い返してみると、2020年6月で終了したキャッシュレス・ポイント還元事業の効果は凄かった!コンビニでのちょっとした買い物も含め、あらゆるものをキャッシュレスで支払っていたので、ポイントざくざくでした。4月に至っては、積立金額15,000円を全てポイントで支払っていますし・・・。

本銘柄については、実質74,410円で購入し、2020年11月30日時点で評価額は158,745円。84,335円の評価益を得ていることになります(損益率は驚異の100%超え!)。

自己満足だからいいんです。「ポイントを有効活用できてるな~」と一人ニヤけています。引き続き、気長に運用していってみようと思います。

ちなみに、前述しましたが、”期間限定ポイント”は、投資信託購入の対象外なので、期限内に楽天ショップの買い物で使い切るようにしています。

僕のつみたてNISAの直近の運用状況の全体は以下の投稿でご紹介しています。

manpapa.hatenadiary.com

”ほったらかし投資生活"運用実績レポート<20年11月>

つみたてNISAの運用状況をレポートします。「つみたてNISAって実際どうなの?」「コロナの影響は?」等の疑問を実数値で確認!

f:id:Manpapa:20201130000029j:plain

つみたてNISAの開始時期・積立金額

■開始時期:2020年3月~(約9ヵ月経過)

■積立金額:限度金額の年間40万円(増額等で調整)

■証券口座:楽天証券

■支払方法:楽天カードで支払い

www.rakuten-sec.co.jp

僕の2020年11月時点の運用状況

f:id:Manpapa:20201130001006j:plain

2020年11月29日時点、約9ヵ月で35万6500円を積み立て、約6万円の利益が出ています。利益率は+17.50%で、素人な考え方ですが、普通に銀行預金しているより格段に良いのではないでしょうか!?(勿論、元本割れのリスクもあります)

僕が積立を開始したのが2020年3月なのですが、コロナ禍で株価は一時的に暴落し、その後異様な回復を見せています。コロナ禍のタイミングで開始した影響もあってか、"ほったらかし投資生活"の1年目は、かなり有り難い滑り出しです。

銘柄は、「リスク分散する」「インデックスファンドである」ということを意識して購入しました。超有名どころです(笑)とりあえず、この5つの銘柄で積立していこうと思います!

”ほったらかし投資生活”始めます

初めまして、万パパと申します!
33歳3児の父で、ごく普通のサラリーマンをやっています。
これから、"つみたてNISA”の運用状況を気長にレポートしていければと思います。

 僕が”ほったらかし投資生活”を始めたきっかけ

f:id:Manpapa:20201129183203j:plain

2020年の年初、まだ新型コロナウイルスが猛威を振るう前の時期、これから子育てが本格化していく中、資産形成について漠然と考えていたところ、ある本に出会い「よし、積立投資やってみよう!」と決心しました。その本は「貯金感覚でできる3,000円投資生活」という本です。

books.rakuten.co.jp

投資については全くの初心者で、知識もほとんどなかったのですが、「これなら僕でも出来るじゃん!」と思い、本に書いてあるままに”つみたてNISA”をスタートしました。

本を読む前までは、「株とか投資とか、何だかリスクが大きそうで、素人にはハードルが高そうだし、仕事あるから時間もないし・・・」って思っていました(僕と同じ感覚の人は沢山いるはず!)。

でもこの本を読んで、自分が単純に「株・投資」に対して、思い込みをしていることに気が付きました(もっと早く知りたかった!)。

積立投資は、基本的な初期設定さえ完了すれば、あとは原則”ほったらかし”!!

”つみたてNISA”を始めてみたら、資産が将来増えていくのが何だかワクワクして、無駄に運用状況をスマホで確認する日々です(意味ないんですけどね;汗)。

実際、つみたてNISAの運用状況ってどうなの?

つみたてNISAのメリットを記載した雑誌だったり記事は沢山見かけますが、”実際の運用状況”についてはあまり見かけません。僕も始める前に実体験等を知りたかったのですが、調べ方が悪かったのか、たどり着けませんでした・・・。

そこで、今後、自分のつみたてNISA運用状況について、備忘録の意味も含めてレポートしていこうと思っています。

つみたてNISAは、40万円/年を最大20年間積立投資できる制度なのですが、僕はやるなら思い切りやろうという性格なので、満額40万円を20年間やってみようと考えています。

「つみたてNISA、本当に大丈夫?」と思っている方々に、僕の実体験が少しでも参考になれば幸いです。