3人子育てパパの”ほったらかし投資生活”

つみたてNISAの資産運用レポート&子育てのブログ

"ほったらかし投資生活"運用実績レポート<21年1月>

つみたてNISAを2020年期中から開始し、今年が12ヶ月間フルで投資する最初の年となります。1月の僕の積立実績をレポートします。(2021年1月11日時点)

”つみたてNISA”に興味がある人、これから始めようかなと思っている方の参考になれば幸いです。

f:id:Manpapa:20210111104409j:plain

口座①の運用実績(2020年3月開始)

昨年3月から開始した口座①の実績は以下の通りです。

f:id:Manpapa:20210111105013j:plain

本当にたまたまですが、コロナショックによる経済のほぼ底値から開始できたので、損益率+20.77%という高水準を保っています。

まさに、”ほったらかし”で、勝手に約9万円も稼いでくれていると考えると「投資の運用効果ってすごいなぁ」と改めて感じますし、その逆も然りということを常に覚悟しておく必要があります。

投資においては、急に暴落した時に、その一時的な金額変動でショックを受けないようなメンタルを持つことが大切と言われています。出だし好調なので、気を付けるようにします・・・。

口座②の運用実績(2020年5月開始)

口座②は、経済が復調し始めたタイミングの5月から開始しています。

f:id:Manpapa:20210111105639j:plain

こちらも、+14.77%という利益率で好調です。

口座①と②では、保有商品に差があるので、同条件というわけではないですが、開始月が2ヶ月違うだけで損益率が約6%も違うという結果を見ると、いかにコロナショックが大きかったのかということが分かります。

リーマンショック時もこんな感じだったんですかね・・・。

Totalの運用実績(口座①+②)

口座①と②を合算した運用実績は以下の通り。

f:id:Manpapa:20210111110324j:plain

利益率17.77%で、約15万円のお金を生み出してくれています!

「ただ漠然と貯金しているお金を、どうせなら投資に回してみよう!」と決断してから早1年あまり。継続は力なりという感じですが、気づけばもう86万円も投資しているんですね・・・。

利益率が高い銘柄は”新興国株式”

あくまで短期的なものなので、参考程度ですが、実績を見てみるとTotalを見てみると新興国株式”の利益率が唯一20%超となっていることがわかります。

”セクターローテーション戦略”の回でも見てみましたが、新興国株式は中国の銘柄が筆頭であり、世界に先駆けて経済が復調しているので、その結果が数字に出てきていると思われます。

昨年の秋頃は、米国株が最も伸長していたと記憶しています。(売れ筋No.1!になっていたはず)

短期的な視点で銘柄を選択するのは、長期投資には不向きだということがわかります。

manpapa.hatenadiary.com

個人的には、”つみたてNISA”を開始して本当に良かったと思っています。あとは、時間(複利効果)が僕の味方をしてくれるので、長期でコツコツと積み立てしていきたいと思います。

 

manpapa.hatenadiary.com