3人子育てパパの”ほったらかし投資生活”

つみたてNISAの資産運用レポート&子育てのブログ

”ほったらかし投資生活”日経平均株価が3万円割ったらこうなった<21年2月③>

”ほったらかし投資生活”をしていますが、直近2月26日に日経平均株価が急落しました。

前回2月22日にレポートした実績と短期的な比較をしてみます。

f:id:Manpapa:20210227162821j:plain

日経平均下落の要因は米国の「長期金利

各種報道を見てみると、25日に米国長期金利が+1.6%と昨年2月以来の水準に上昇したことにより、米国株相場が下落。

その警戒感から、日本株式市場も下落したということらしい。

 

金利が上昇すると、「元本が保証される国債に投資した方が利息が得られるし安全」という心理が働き、投資家が株から債権に資金を移し始める。

 

新型コロナウイルスの感染防止効果と、バイデン政権の金融施策への思惑も重なって長期金利上昇が加速し、結果として米国株が売られて下落。その影響が日本株にも出ているようです。なるほど。

セクターローテーションが始まっている?

米国株相場のハイテク株がここ最近下落気味という報道もあります。

以前調べたセクターローテーションの図を見てみると

f:id:Manpapa:20210110231024j:plain

確かに、ハイテク株が好調となるのは低金利かつ好景気の左のブロック。

金利上昇となると、成熟期への移行がいよいよ始まっているのかもしれません。

 

manpapa.hatenadiary.com

 

”つみたてNISA”の運用実績比較

あくまで長期積立なのですが、短期的に見てみるとどうなるか比較してみました。

f:id:Manpapa:20210227170225j:plain

2月22日時点と2月27日時点で評価額を比較してみました。

おお~どれも下がってる!

国内株式(TOPIX)の下落率が高いですね。

米国株式の影響を受けて日経平均も下落したという報道からすると、米国株式も同じくらいかなと思いきや、そうでもないようです。

もう復調したのかな?

とりあえず、短期的に見ても、株式って面白いなぁと思いました。

 

manpapa.hatenadiary.com

 

長期投資のいいところを再確認した

たとえ株価下落したとしても、長期分散投資の良いところは、毎月一定金額を購入しているという点です。

株価下落している時は、株を安く買うことができるので、むしろ買い時です。

単純に下落した結果をみてガッカリするのではなく、「じゃあ、今は株を安く買えるってことか!」と思えるので、精神的負担は軽減されます。

2021年は株式相場は波乱が起きそうなので、長期投資でその荒波をかいくぐっていきたいものです(笑)。