Manpapa's blog

つみたてNISAと好きなモノ・コト

中毒者続出!スタ満ソバの破壊力「元祖スタミナ満点らーめん すず鬼」〈東京都三鷹市〉

東京の美味しいラーメンを味わってみませんか?

本記事は、僕が趣味で食べ歩いてきた数々のラーメンをご紹介するシリーズです。

今日は、東京都三鷹市にある「元祖スタミナ満点らーめん すず鬼(スズキ)」。

中毒者続出!スタ満ソバの破壊力「元祖スタミナ満点らーめん すず鬼」

喜→鬼となる二毛作

「元祖スタミナ満点らーめん すず鬼」は、2019年11月にオープン。

夜間のみの営業ながら、僕を含め、既にラーメンファンの中で中毒者を出しまくっている話題店です。

日中は「鶏こく中華 すず喜」(2017年11月オープン)という、鶏の旨味を最大限に引き出した塩・醤油の2種類をメインとするラーメン店を営業しています。

「鶏こく中華 すず喜」も、ラーメン情報誌でも度々賞を受賞しており、常に行列が絶えない人気店です。

そんな中、昼とは全く異なる挑戦的な味を夜に提供しているのが「すず鬼」で、いわゆる二毛作営業のラーメン店となっています。

無論、夜の「すず鬼」もあっという間に話題となり、行列が絶えない人気店となりました。

鬼才・店主の鈴木氏

すず喜・すず鬼の店主は、字の読み通り「鈴木氏」。

調べによると、鈴木氏はラーメン業界の風雲児として、これまでも様々なラーメン店の立ち上げやプロデュースをしてきた方。

満を持して、自身の名前のつくお店として「すず喜」そして「すず鬼」を立ち上げ、その唯一無二の味を自ら提供してくれているとのこと。

スタミナ満点ソバを食す

f:id:Manpapa:20210611140219j:plain

スタ満ソバ(850円)+生卵(50円)+小ライス(100円)を実食

アリラン×竹岡式×二郎系の究極ジャンクラーメン

スタミナ満点ソバ(スタ満ソバ)は、アリランラーメン竹岡式ラーメンのエッセンス、そして二郎系が融合したという破壊力バツグンなラーメンです。

アリランラーメンは、千葉のご当地ラーメンで、韓国のアリラン峠が由来。

その峠を越えられるほど体力がつくラーメンということで、玉ねぎ・ニラ・ニンニク・豚肉で作るスタミナスープが特徴です。

竹岡式ラーメンも、千葉ご当地ラーメンの一つで、豚の旨味を醤油スープにしみ込ませるのが特徴のラーメンです。

コールはニンニク・ショウガ・背脂

ラーメン提供の直前に二郎系おなじみのコールができます。

ニンニク・ショウガ・背脂をすべてオーダー。

すべての角度で食欲をそそられる究極のラーメンが目の前に来ました!

醤油系スープには、オーダーしてから炒められる玉ねぎ・ニラ・角切りの豚バラがふんだんに盛り付けてあり、スタミナバツグンなのが一目でわかります。

そこにコールのトッピングが惜しげもなく盛り付けられ、人間の食欲というものにダイレクトで語りかけてきます。まさに「鬼」が作りしラーメン!

ガツンとくるスープに二郎系のワシワシ麺

スープはまさに唯一無二の初めて味わうスタミナ満点の味。

そして、二郎系の自家製太ちぢれ麺が最高にマッチします。

既に様々なメディアで紹介されていますが、このラーメンを生卵にくぐらせてすき焼き風にして楽しむもよし、ライスに具材を乗せてスタミナ丼として食べるもよし。

味わい方は無限大で、本当にとんでもないラーメンです!

辛いスタ満ソバを食す

f:id:Manpapa:20210611141935j:plain

辛いスタ満ソバ(900円)+生卵(50円)+まさお・うずら卵(50円)を実食

 

「すず鬼」は、通常のスタ満ソバとこの辛いスタ満ソバの2本柱。

けっこうビリリと舌を刺激する辛さなのですが、箸が止まりません。

生卵で少しマイルドにしながら食べるのが堪らなく美味い!

辛党の人は辛いスタ満ソバがおススメです。

お土産スタ満を食す

f:id:Manpapa:20210611142525j:plain

コロナ禍ということもあり、お土産(テイクアウト)として冷凍のスタ満ソバを購入することができます。

食券機で「お土産」を購入すると、すぐに冷凍庫から袋詰めし、提供してくれます。

宅麺.comでも購入可能ですが、現在は入荷待ちとなっており、直接来店しない限りは、中々手に入れることができません。

www.takumen.com

お土産スタ満は、お店で提供するスープ・具材・麺をそのまま冷凍パッキングしたものなので、湯煎で解凍するだけで、「スタ満ソバ」を自宅で楽しむことができます。

f:id:Manpapa:20210611143208j:plain

お土産スタ満(1,000円)を実食

 

ラーメンどんぶりにスタ満ソバを盛り付け、更にうずら・メンマ・刻みニンニクをトッピングすれば、とても自宅とは思えないクオリティのラーメンが!

テレワーク中、昼食にスタ満ソバをガッツリ楽しむことができ、なんていい時代なんだと思わず独り言。

僕は、完全に「すず鬼」の中毒者になっています。また行きたい・・・。

お店情報

住所:東京都三鷹市下連雀3-28-21 B1

営業:18:00~22:00(売り切れ次第終了)

休み:日曜日

※お店情報はブログ更新時点のものです。

twitter.com